ダイムグラフィックスタジオイベント情報-感性と技術の融合展

  • Access
  • Company

Tel:06-6192-7515


SSL グローバルサインのサイトシール

開催報告
Holding report

2013.04.23〜04.25 感性と技術の融合展1 〜DAIMU GRAPHIC STUDIO × WHITE CANVAS MON-NAKA〜

2013年4月23日〜25日まで、DAIMU GRAPHIC STUDIOにて、株式会社メディアテクノロジージャパン様と共同で「感性と技術の融合展1〜DAIMU GRAPHIC STUDIO × WHITE CANVAS MON-NAKA〜」を開催しました。昨年10月以来のイベント開催で、久々となってしまいましたが、これまでのイベントと大きく違うのは今回は弊社独自のイベントであったということです。
今回は、大日本スクリーン製造株式会社様のショールーム「ホワイトカンバス MON-NAKA」との共同開催で、UVインクジェットの可能性をテーマに通常のオフセット印刷ではできなかった様々なメディアへの印刷や多様な表現方法をご紹介させていただき、クリエイターやアーティストの方々の創作のお役に立てればというものでした。

DAIMU GRAPHIC STUDIOでは、UVインクジェットで印刷したものだけでなく、オフセットで印刷した高精細印刷、広色域印刷やスキャニング・画像処理の技術についても常に展示し、ご提案させていただいております。
新しいご提案ができるように展示物も随時入替を行っています。
これからもこのDAIMU GRAPHIC STUDIOが、クリエイターの感性と我々の技術の融合の場であり、ご期待に応えられるように努力し続けていきます。

今回ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
次回の「感性と技術の融合展」も楽しみにしていてください。

  • 会場の様子。雨の日もありましたが、たくさんの方にご来場いただきました。

    会場の様子。雨の日もありましたが、たくさんの方にご来場いただきました。

  • 絵画のコーナーも充実してきました。以前お手伝いさせていただいた「フェルメール 光の王国展」は、今年6月に阪急うめだ本店での開催を予定しています。

    絵画のコーナーも充実してきました。以前お手伝いさせていただいた「フェルメール 光の王国展」は、今年6月に阪急うめだ本店での開催を予定しています。

  • 複製画作成の実例。今回は油絵と印刷を比較して御覧いただきました。どちらが本物の油絵かわからないという、うれしいお言葉をたくさんいただきました。

    複製画作成の実例。今回は油絵と印刷を比較して御覧いただきました。どちらが本物の油絵かわからないという、うれしいお言葉をたくさんいただきました。

  • 天平文様をあしらったiPhoneカバー。クオリティの高さをご確認いただけました。ご協力:奈良女子大学 藤野教授

    天平文様をあしらったiPhoneカバー。クオリティの高さをご確認いただけました。ご協力:奈良女子大学 藤野教授

  • 東京の「WHITE CANVAS MON-NAKA」からも多くの展示品をご提供いただきました。中にはテレビで紹介されたものもありました。

    東京の「WHITE CANVAS MON-NAKA」からも多くの展示品をご提供いただきました。中にはテレビで紹介されたものもありました。

  • アクリルやフィルムなど透明素材を使用すると、表裏での変化や照明を付けて変化する「トリックプリント」なども可能となり、表現方法や使用できる用途も大きく広がります。

    アクリルやフィルムなど透明素材を使用すると、表裏での変化や照明を付けて変化する「トリックプリント」なども可能となり、表現方法や使用できる用途も大きく広がります。

お問い合わせ お問い合わせページ、もしくは下記連絡先よりお問い合わせください。Tel:06-6192-7515 受付時間:月曜日~金曜日10:00~17:00(平日)info@daimu-graphic-studio.com